新宿デイサービスの基本姿勢

新宿デイサービスは、ご利用者様ひとりひとりに寄り添い、
ご利用者様、ご家族様、ケアマネージャーと密にコミュニケーションをとり、
ご利用者様とご家族様の人生が、よりよいものになることを目的としております。

ご来所されるご利用者様全員に、
同じ1日を過ごしていただくのではなく、
それぞれに合わせたパーソナルな1日を
提供するよう心がけております。

1日のプログラムの一例

パーソナルなサービスを提供するためのヒアリング

新宿デイサービスでは、一人一人に合わせたパーソナルなサービスを提供するために、
特にヒアリングに力を入れております。

■連絡帳
通所毎に、その日のできごとを写真付きで詳細にまとめた「連絡帳」を作成します。

■モニタリング表
毎月、通所介護計画書をもとに立てた目標と、それに対する考察・反省を記した「モニタリング表」を作成します。

■プロフィール
連絡帳・モニタリング表や日々のご利用者様との会話をもとに、
ご利用者様の詳細なプロフィールを作成し、更新していきます。

新宿デイサービスでは、この3つを合わせてパーソナルデータと呼んでいます。

パーソナルデータサンプル

▲クリックで拡大します▲

パーソナルデータ作成の流れ

丁寧なヒアリングによって作られたパーソナルデータは、
ご本人様の習慣や趣味趣向、ご家族との関係や思い出が詰められたものとなり、
中にはご本人様やご家族様でも知りえなかった情報が見つかることもあります。

『今日はこんなことがあった!』
『好きなことが増えた!』
『新しい自分を見つけられた!』

ご帰宅されたご利用者様が、今日の出来事を喜んで話してくれて、
新宿デイサービスを通じて新しい自分を発見し、
より満足度の高い人生を送れるようになることが、わたしたちの願いです。

PAGE TOP